ホワイトニングで白い歯にしたい

ホワイトニングに使われる漂白剤の成分にはどんなものがあるのか

 

白くて綺麗な歯を手に入れたいという場合、クリニックでホワイトニングを受けると良いでしょう。

 

ホワイトニングは削らずに白くするという方法であり、最近では日本でも行う人が多くなっています。専用の漂白剤を使って白くしていくことになるため、黄ばみや汚れが気になっているけれど削る治療は嫌だという人に向いています。

 

なぜ漂白剤で黄ばみを白くすることができるのか気になっている人もいるかもしれません。クリニックで使われている漂白剤の効果や副作用などを確認しておくと良いでしょう。

 

配合されているものが健康に悪影響を及ぼすことはないのか心配している人もいるかもしれません。確かに何が使われているのか分からないものを口に入れるのは不安もあるでしょう。しかし、基本的にクリニックでは安全性が確認された薬剤しか使っていませんし、健康面でのリスクなどはないとされています。そのため安心して任せることができるでしょう。

ホワイトニングで使われる薬剤とは

ホワイトニング治療で使われる薬剤には2つの種類があります。

 

クリニックで行われる治療では、薬剤の主成分が過酸化水素となっています。過酸化水素は漂白剤や殺菌剤などに使われており、安全性の高いものとなっています。

 

 

消毒薬などにも過酸化水素が使われています。ホワイトニング剤には35%と比較的濃度の高い過酸化水素が使われていますが、副作用のリスクなどはほとんどありません。

 

しかし、高濃度の過酸化水素は医薬品として指定されており、市販の歯磨き粉などには使われていません。クリニックで作成したマウスピースと専用の薬剤を使い、自宅で治療を行うことをホームホワイトニングと呼んでいます。

 

 

自宅のケアに使われる薬剤には過酸化尿素が主に配合されています。過酸化尿素は尿素に過酸化水素を溶かした成分となっており、過酸化水素と比べて効果が出にくいとされています。人体への悪影響も少ないですし、時間をかけてじっくりと白くすることができるでしょう。

ホワイトニング効果の高い薬剤とは

過酸化水素はホワイトニング効果が高いとされていますが、高濃度の過酸化水素は危険な物質でもあります。

 

もちろんクリニックでは安全な濃度の過酸化水素が使われていますし、重大な副作用のリスクはないとされています。

 

しかし、人体への影響が全くないというわけではありません。さまざまなトラブルのリスクもありますし、クリニックでしっかりと説明を受けてから治療を行うと良いでしょう。

 

クリニックで使われる薬剤と市販の歯磨き粉などに使われている成分には大きな違いがあります。その違いは漂白して白くするか自然な色に戻すかということです。クリニックの薬剤は漂白することで無理に白くするというものです。

 

しかし、市販の歯磨き粉は着色汚れを落とすことで本来の白さに戻すことができるでしょう。漂白すれば確実に白くすることができますが、不自然な仕上がりになってしまうこともあるので注意が必要です。短期間で効果を実感したいなら注意点なども確認しておきましょう。