歯にホワイトニングは必要その効果とは

一度ホワイトニングをしたからと言ってずっと白さが保たれるわけではなく、いずれまた汚れてきてしまいます。それでも実施することに意味があり、歯の健康を保つ上で欠かせないことです。

 

歯が汚れて黄ばんで見えるようになる原因は、食べたものや飲んだものから色素が沈着してしまったり、喫煙する人はヤニが付着することで起きます。また、歯磨きがおろそかになっていたり、汚れに菌が付着して増殖してしまうことが原因で起きます。見た目の印象が悪くなるだけでなく、歯の表面にある膜がはがれ、虫歯になりやすい状態です。

 

黄ばんでしまった歯にホワイトニングを施すことは、白さを回復させ見た目の審美性を向上させるだけでなく、汚れを付着しにくくして菌の繁殖を減らし歯を守ることにもつながります。

 

歯科クリニックで実施されているホワイトニングは、薬剤を塗布して特殊な光を照射する方法が一般的ですが、施術する前に歯の状態も調べてもらうことになります。

ホワイトニングで痛みを感じたりしみる原因

虫歯治療と違って削ったりしないホワイトニングなら痛みはないだろうと考えている人もいますが、歯の状態によってはしみて痛みを感じる人もいます。薬剤がしみてしまうことで起きるものですが、その原因は歯の表面の膜がはがれてしまっていて、象牙質が出てしまっている状態です。知覚過敏になっているといえる状態で、冷たいものが刺激になって痛むのと一緒です。

 

虫歯がある場合、当然神経にさわりやすくなっているため、痛みとして感じやすくなります。歯周病も、歯と歯茎の隙間などから根元まで薬剤が入りやすく痛みが出やすくなります。

 

塗布されるホワイトニングの薬剤濃度が濃すぎる場合、歯や歯茎が健康であっても感じる場合がありますから、すぐに医師に申告しましょう。

 

事前に歯の健康状態を調べて、虫歯や知覚過敏、歯周病がある場合はホワイトニングをする前に治療を済ませてから行われることが多いですが、しみにくい薬剤を導入している歯科クリニックでは治療と並行して施術を行う場合があります。

お得にホワイトニングするためのクリニック選び

歯のホワイトニング

 

歯科クリニックで行われるホワイトニングの施術は、用いられている薬剤の違いで、1回での効果に差が出ます。すぐに実感が持てて通う回数も少なくて済む場合と、あまりはっきりとせず、何度か施術を受けてからようやく実感できることもあります。

 

せっかく施術を受けて1回目から実感が持てないのはがっかりしますし、費用の無駄にもなってしまう可能性がありますが、少しでもお得にホワイトニングを受けたいのであれば、初回お試しができる歯科クリニックを選ぶようにしましょう。

 

初回お試しは、普段よりリーズナブルな価格でホワイトニングを受けることができますし、どのようなやり方をされて1回で効果が実感できるかなども知ることができます。満足できなければ別な歯科クリニックに変えることができますし、良ければそのまま納得できる歯の白さを取り戻すために、通院して治療に取り組めます。

 

たとえお試しを受ける場合でも、事前に歯の状態をチェックしてくれたり、汚れを取り除いてから施術を行ってくれるクリニックを選ぶことが大切です。